--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-15

15日「『人々苦しめるパチンコ・サラ金のCM流すテレビ局、信用できぬ』の声」「高所得層はテレビ見ない」…広告業界の人々

★パチンコ解禁は断末魔? 信頼も文化も失ったCMの未来(前編)

・テレビの広告収益低下が止まらない。テレビは本当に「広告メディアの王座」から陥落したのか?
 そこに再生の道はあるのか? 気鋭の論客、広告プロデューサー・吉良俊彦氏と、マーケティング
 プランナー・谷村智康氏が論考する。

谷村 先日、08年3月期で、民放キー局全5社の営業利益が減益だったことが発表されました。
 主だった理由は、スポットCMの出稿量が減ったことです。一方で、国内の純広告費は4年連続で
 増加しています。これは、テレビというものへの、クライアントからの評価が下がっている結果だと
 思うんです。スポンサーは、テレビの広告効果が落ちていることをいろんな調査で把握していて、
 広告の放送料の値引きを要求してくる。それは合理的な商取引として当然です。
 これまでは「ちゃんとした企業だけがCMを放送できる」という社会的信用が、テレビ局によって
 担保されていました。その格式分だけ、放送料に上乗せができた。しかし、それも薄れてしまいました。

吉良 同感ですね。テレビでCMが流れる企業や商品は、国がお墨付きを与えたかのごとく、
 公益性や信頼性があるものとされてきました。だからこそ、企業は高い金を払った。しかし、
 それも昔のこと。その流れをさらに加速させたのが、パチンコ機のCM解禁だと思います。
 この間もタクシーに乗った時、私のことをメディア関係者だと知った運転手が、こういう話を
 するんですね。「私たちにとってギャンブルは息抜きです。ただ、射幸性が低いものでないと、
 娯楽にはならない。パチンコは、1000円で何分遊べるかわかりますか? 1時間で1万円は軽く
 消える。あれほど射幸性が高く、多くの人の生活を直接圧迫しているギャンブルはないんですよ。
 そういったもののCMを、子どもたちに見せてほしくないんです。それを無自覚に流している民放は
 信用できない」と。この声は、多くの視聴者の意識と一緒だと思うんです。テレビ局は、自分たち
 だけ儲かればいいのかと。(>>2-10につづく)
 http://excite.co.jp/News/society/20080715/Cyzo_200807_post_735.html
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

FC2カウンターFC2カウンターFC2カウンター
最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリカテゴリカテゴリ
プロフィールプロフィールプロフィール

宮武正二

Author:宮武正二
FC2ブログへようこそ!

<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。