--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-18

18日 【労働環境】クールビズ「28度では能率低下」…日本建築学会調査

【労働環境】クールビズ「28度では能率低下」…日本建築学会調査[08/07/18]
1 :やるっきゃ騎士φ ★:2008/07/18(金) 14:48:04 ID:???
地球温暖化対策として、夏場を軽装で過ごす「クールビズ」。

冷房温度を28度と高めに設定し、省エネを図る取り組みで、年々広がっているが、
日本建築学会のチームによる最近の研究で、軽装だけでは暑さで仕事の能率が落ち、
経済損失にもつながる場合もあることがわかってきた。

専門家は「換気や送風を組み合わせ、作業能率を下げない省エネ方法が必要だ」
と提言している。

クールビズは、6-9月に「ノーネクタイ、ノー上着」で職場の消費電力を減らす運動。
環境省が2005年に提唱した。
28度は建築物衛生法の定める執務室の上限温度だが、作業の能率への影響は不明で、
日本建築学会は06年から科学的検証を進めてきた。

神奈川県の電話交換手100人を対象に1年間かけた調査では、
室温が25度から1度上がるごとに作業効率が2%ずつ低下した。

東京都内の官庁のオフィスではクールビズを導入後、消費電力が以前より11・9%
減ったが、調査すると、室温にムラがあり、30度に達する席もあって働く人の不満は
高かった。
3-6席に1台の大型扇風機を運転すれば、体感温度が下がって能率は維持され、
電力消費は以前の10・2%減と、さほど変わらなかった。

チームの田辺新一・早稲田大教授(建築環境学)が、平均賃金などから試算すると、
冷房の設定が25度の場合と比べ、軽装のみでは、能率低下で期間中、
オフィス1平方メートルあたり約1万3000円の損失が出る。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20080718-OYT1T00461.htm?from=main5
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

FC2カウンターFC2カウンターFC2カウンター
最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリカテゴリカテゴリ
プロフィールプロフィールプロフィール

宮武正二

Author:宮武正二
FC2ブログへようこそ!

<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。